ドックフードを好き嫌いしないで食べる。もしかしてエライ?

img_4179
img_4179

ドックフードを好き嫌いしないで食べる。もしかしてエライ?

フレンチブルドッグってよく食べる犬種なんでしょうか?

我が家は発育段階とはいうのもありますが、食欲旺盛です。

嫁さんの実家でチワワを飼っているんですが、少ししか食べません。(でも健康で元気な模様)

柔らかくて、高級なタイプのえさは食いつきが良いそうです。グルメなのでしょうか(笑)

とりあえず我が家は文句を言わずに固いタイプのえさを食べてくれるので助かってます。

ごはんを食べて微笑ましい姿は癒されます。

でも、えさを与え過ぎて太らせると万病のもとです。これは飼い主が自制しなければなりませんね。

 

家計簿をつけています。

我が家は簡単ではありますが家計簿をつけています。

僕は結構どんぶり勘定なのですが、我が家の財務大臣(嫁さん)はキッチリ派なのでこのような体制になっております(笑)

家族としてワンちゃんを迎え入れるということはその命を守る義務があるということです。食費に限らず、保険やワクチンなどすべてのランニングコストはあらかじめ予算を組むことは大切ですよね。皆さんはどうされていますか?

ワンちゃんは「ペット費用」として計算しておりますが、

エサの量を計算すると、毎月の食費がある程度イメージすることができます。

当然大きくなるにつれてエサの量も増えるため、比例して食費も増えていきます。

 

そしてエサって、いろいろ種類あるんですね、

ペットショップに売っている比較的高いものもあれば、スーパーに売っているかなり安いものまで。ピンキリです。

ひとまずショップで購入したペットフードを使ってますが、これが結構な食費です!(笑

とはいっても、安いのが大丈夫なのかがわからない。成犬前の成長時期だし、ということで変更せず現状維持。

下手なものを食べてアレルギーになっても困りますし、多くのものを食べさせると原因の切り分けも難しくなります。

まずはシンプルにこのままでいきます。原材料欄も見るようになりました。大切なことだと思います。

「ジビエ肉」「酵素」など、リッチな商品ありました。健康を考えてあげるのは親の務めですね。

アニマルセラピーを感じる

 

img_4134

子犬ですし当たり前だとは思いますが、よく寝ます。

そしてその寝姿にとても癒されます。ペットがいることで生活が精神的に豊かになった気がしています。

お金も時間も費やすことが増えましたが、代えがたい何かが間違いなくあります。

病院や高齢者向けの介護など、動物との触れ合いを治療に用いられるアニマルセラピー。

何となく、こんな幸せな気持ちになるのかなと思います。脳への刺激にもなりそうです。

 

img_4253 img_4245

最後まで読んで頂きありがとうございます。