不動産投資について考える【これから大家さんになる方へ】

house_ie_sagashi
house_ie_sagashi

投資の選択肢としての不動産

こんにちは。今回は不動産投資について考えてみます。

「景気は上向き」と言われながらも給料は上がらない、そして実感がない最近の世の中。国はお金の流れを増やして景気を良くするために貯蓄ではなく、投資させようと色々な経済政策を打ち出してきています。

一般的な投資の種類は別ページにまとめておりますので、参考になさってください。ページの最初のほうに書いております。http://suzukikeiichi.net/invest/117/

資産運用や投資、NISA(ニーサ)という言葉もテレビや書籍などで良く見かけるようになりましたね。不動産投資もよく耳にする投資の一つで、ここ10年で書籍も多く出版されています。

不動産投資家、サラリーマン大家、不労所得、不動産オーナー、働かずして儲かる、、

なんか良い響きですよね(笑)不動産投資やってみたくなりますよね。本には夢が広がるような、自分でもやれそうな、そんな内容が多く書かれています。実際はどうなんでしょうか?

投資の中では、ある程度まとまったお金が必要なほうである不動産投資、どんな人が向いているんでしょうか?

向いているかどうかは、やってみなけりゃわからない。けど、、

他の投資にも言えますが、結局やってみなければ向いているかはわからない部分はあります。身もフタも無い回答でスミマセン(笑)書籍を見るなど、机上ではイメージはできるんですが、やってみて初めて気づくこともあるんです

最悪、向いていなければやめればいいんです。ただ、他の投資に比べて買うのも売るのもパッとできないんです。売りたい時に売れないリスクがあるってことです。

・そもそも金額が大きい

・どれ一つとして同じ物ではないので、適正な価格の算出が難しい

・不動産登記や売買契約、買い手の融資承認など、手続きが面倒で時間がかかる

・需要や買い手からの交渉に応じて価格を変更が必要になることがある

などのような理由で、買うのも売るのも大変なんです。

でも大変だったり、リスクがあるってことはチャンスがあるってことの裏返しとも言えます。

これから不動産投資をする人へまとめ

・やってみたら、向いていないと感じるかもしれないがパッとやめられないので注意。

・そのため、最悪失っても立ち直れる(返済できる)範囲の物件を購入して向き不向きを確認するのは個人的にはおすすめ(ボロい戸建てや区分マンションを買うなど)※古いので手直しなどやることも多いけど、ここは勉強だと思って覚悟する。

・手持ち資金、頭金が無くても銀行融資を使って不動産投資ができる!けど、リスクがものすごく高いことを理解する。

ピカピカの新築マンションオーナーになると所有欲を満たしれるかもしれないが、お金持ちになるとは限らない。新しい分ローンは多いはず。ボロくてもお金が残る物件はある、所有欲は低いかもしれないが(笑)

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。