節約を考える【携帯料金 その1】

internet_online_kessai
internet_online_kessai

携帯料金は大きな固定費

こんにちは、今回は携帯料金の節約考えてみます。

日々の生活で毎月かかる生活費のひとつとして「携帯料金」があります。最近は便利なスマートフォンが普及し”歩きスマホ”、”ながらスマホ”という言葉があるくらいに我々の生活に密着しています。

携帯料金は1人あたり毎月5000円~10000円、もしくはもっとかかっている人も多いでしょう。家族がみんな使っていたら、毎月の携帯料金は莫大なものになりますよね。これは家計の負担に直結するので見直すべき部分になります。

携帯電話会社の選択肢が増えてきた

以前から携帯電話回線の会社といえばドコモ、au、ソフトバンクの3社でした。基本的には3社横並びな携帯料金で節約余地もそこまで大きくありませんでした。

ですが、ここ最近は総務省もモバイル市場を活性化させたい思いからMVNOが普及してきました。「MVNO」はMobile Virtual Network Operatorの略で仮想移動体通信事業者と呼ばれています。事業者の多くはドコモから回線設備を借り受けて、安価に通信環境を提供しています。

様々な会社から提供している中で身近なスーパーであるイオンやネットショッピングの楽天などが格安スマホをMVNOとして提供しています。最近良く聞く、ワイモバイルはMVNOではなく関連会社のソフトバンク回線を使ってMVNO同等に格安スマホを提供しています。

要は選択肢が増え、安い月額費用で携帯が利用できる時代になってきました。ユーザーから見たら大変うれしいことです。ただ、SIMを差しかえて使ったり、主な手続き方法がインターネット(窓口が無さげ)な会社が多く、利用するのは通常の携帯電話会社よりは多少ハードルが高いのが現状です。(それでもここ数年は知名度も上がり、そこそこ簡単になりました。)

各社少しずつ特徴があり、自分の利用にあった会社を利用することで携帯の月額費用を大幅に下げる選択肢も取れるようになりました。

携帯料金見直しまとめ

・ガラケーに変わりスマートフォンが普及。小さなパソコンみたいなものなので、通信料も多く月額料金も高い。

・今までの3社以外にMVNOなどの安い携帯料金のスマホが増えてきた。

・毎月の利用程度を確認することで、最適なスマートフォン利用ができる時代が来た。

・使っている携帯がそのまま使えるものもあれば、使えないものもあるので注意。

以上です。最後まで読んで頂きありがとうございます。

少しでも参考になれば幸いです。