節約を考える【携帯料金 その2】

internet_kasou_tuuka
internet_kasou_tuuka

携帯料金を減らすために確認すること

こんにちは。今回は日々の生活費で大きなウェイトになってきている携帯料金について、節約する方法がないか考えてみます。

節約するために確認すべき項目として

・現在の携帯電話会社

・毎月の支払金額

・ガラケーかスマホか

・契約期間、本体の残金

を見ていきたいと思いますが、

ガラケーの方で、毎月の支払額が1000円~2000円程度の方はすでに電話会社の最安プランの料金レベルなので、すでに節約している状態と判断しても良いかもしれません。

ガラケーで高額な方は、利用明細を見て電話代・パケット代のどちらが大きいのか確認して契約プランを見直すことで最適なプランになります。逆に言うと、携帯電話会社に相談して、プランを最適化するくらいしか節約する方法がないとも言えます。選択肢が少なく、工夫の余地が小さいのです。

そのため、今回はスマートフォンの料金の節約について考えていきたいと思います。

ドコモ、au、ソフトバンクを利用している方

まず、皆さんはどこの携帯電話会社を使っていますか?

前回、格安にスマホが利用できる仕組みが増えてきているお話をしました。そのため、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3社の携帯を利用している方は、格安スマホ会社や格安sim対応のスマホに切り替えるすることで月額料金が減らせる可能性が高いです。※simは通信や電話するのに必要なカード型の小さなICチップです。

主な切り替え方法としては、

・simだけ買って、自分のスマホに挿して使うパターン
・simと携帯をセットで買うパターン

があります。

格安simが使えるスマホがある方はsimだけ買えば利用可能です。セットで買うパターンは従来の大手3社で契約する流れと「ほぼ」同じです。

格安スマホを提供している会社は自社で通信環境を持っておりません。大手3社から借りてきて各社特色のあるサービスにして提供しています。設備の維持費がない分、安い料金での提供を可能としています。

格安スマホの「メリット」と「デメリット」

格安スマホのメリットとして、まず言葉のとおり大手より安い料金プランが多くあります。各社で様々なプランが用意されており、

・SNSを主に使う

・電話がメイン、もしくは電話はしない

・ほとんど通信しない、いっぱい通信する

・通信速度が遅くても良い、速度重視

など、自分の使い方にあった最適なプランを選ぶことが可能です。電話番号も引き継ぐことができます。(MNPですね)

あと契約期間の縛りが無い(契約してすぐ解約しても違約金がない)プランもあります。契約がシンプルでこれはとても良いと思います。

 

格安スマホのデメリットとしては、

メールアドレスが引き継げません。フリーのメールアドレスや格安スマホ会社のアドレスを使うしかありません。大手3社のアドレスをどうしても使いたい方は切り替えに悩むところです。

そして、基本的に販売窓口は店舗ではなくネットになります。店舗に行って相談するタイプの方は結構困るかもしれません。色んな所に店舗を構えている大手3社の強みがここにありますね。

格安スマホは買ってからある程度の設定(メールやセキュリティ、通信設定など)が必要になることが多いです。説明書は付属されますし最近はインターネットで調べたりできますが、大手のスマホより初期設定に手間がかかると思っておいてほうが良いと思います。

あと、電話代が大手より高くなるプランが結構あります。電話代が安くなるアプリを使うことで費用を抑える方法が用意されている場合もありますが、手間が増えるので面倒に感じる方もいるかもしれません。

 

私は、母親のスマホデビューのために中古のスマートフォンを購入して格安simを契約してみましたが

・たまに通信が切れる(つながっていないアンテナ表示になる)→本体の不調か、設定や使い方の不備?

・電話をアプリ経由にしないで普通に電話してしまい高い料金になる→使い方のミス。

などで一旦解約してしまいました。(解約に縛りが無い契約だったので、良かったです。)

 

ある程度スマホの使い方がわかる人は大丈夫ですが、スマホデビューの人には負担だったようです。お母さんごめんなさい(笑)

大手3社のスマートフォンならきっと悩まなかったでしょう。(その分高いかもしれませんが。。)

スマホの料金節約まとめ

・大手3社から乗り換える場合、料金が安くなるケースが多いので検討する。
・月額料金の内訳を確認し、電話代が多いのか、通信料が多いのか確認する。
・電話代が多い方は電話定額プランのある会社を検討する。(電話代を安くするアプリで運用できそうな人は問題なし)
・通信料が多い方は毎月何GB利用するのか考えてプランを選択。速度制限の有無、制限ルールも確認する。
・現在の契約機関の縛り、解約違約金、端末支払残金を確認し、無駄な費用を出さないタイミングで切り替え検討する。
・simだけ契約する場合は、自分のスマホが格安sim対応しているか必ず確認する(simのサイズやメーカーなど)
・契約期間の縛りを確認する。格安スマホデビューする時は縛りなしプランを選んでおけば、最悪格安スマホを辞める時にすぐ違約金なく解約ができる。
・CMに踊らされない。自分の使い方で安いかどうかを考える。

 

以上です。

少しでも参考になれば幸いです。