節約じゃなくて無駄使い?「最安値さがし」

koukoku_web_pc

最安値っていいですよね。

こんにちは、今回は節約してるつもりでも、実は無駄な行為かもしれない「最安値さがし」について考えてみます。

インターネットの普及により価格比較が簡単にできるようになった昨今、スマホひとつあれば数多あるショップの値段を一気に調べることができるようになりました。

みなさんは普段商品を買う時、当たり前ですが同じ商品なら安いほうを買いますよね?安く買えたらお財布にもやさしいですし。いったいこの節約のどこが無駄なのでしょうか?

ありがちな買いパターンをまとめてみた

・スーパーのチラシで、目玉商品が安いのでスーパーをはしごして買いに行く。

・ネットショッピングで○○○円で送料無料でお買い得なため、その金額まで買い物する。

複数の価格比較サイト、ネットオークション、フリマアプリなどで一番安いところを見つけて買う。

・郊外の大型ショッピングで業務用サイズをまとめ買いすると安いので友達と一緒にシェアして買う。

・お店に行って欲しいモノを見つけたが、その場で検索したらネットのほうが安いので、ネットで注文した。

・最安値で航空券を買って、安く目的地に向かうことができた。

などなど。これって普通に上手な買い方、と感じます。私はこんな感じで買っていますが、皆さんはどうですか?

自分がやってしまう、お得じゃなかった最安値パターン。

上手に買えたはずのお買い物。あとで考えてみたら、あまりお得じゃなかったケースを並べてみました。

・スーパーをはしごして安く買い物できたが、数百円程度のお得で時間や交通費(ガソリン代)を消費した。

・送料無料まで買い込んで、トータルで考えたら安い買い物をしたのだが、たいしていらないモノも買ってしまった。

・ネットを駆使して、完璧な最安値で購入できたが、比較検討に大量の時間を費やしてしまった。

・業務用サイズを買って、グラム単価あたり最安値で買えたが、使いきれずに賞味期限が切れた。安く買えたが、大きいサイズの商品なので結構なお金を使ってしまい、一時的にお財布中身が大きく減ってしまった。

・お店に行って品定めして、その後ネット注文で最安値でゲットできたが、届くまで日数がかかってしまった。お店に行かなくても、最初からネットで注文できた。

最安値の航空券で目的地に着いたが、長い乗り継ぎ時間、座席指定や便変更などの不便な面も多かった。狭くて疲れた。

「お得じゃない」かもしれないのは、失った時間や機会、見えないコストがあるからです。

無駄にならない買い方まとめ

いずれにしてもお財布から減ったお金が少ないのは「最安値」なので、無駄ではないはずです。ですが、何かを失っていくらお得になったのかを考えたほうがトータルで「節約」になるなのかもしれません。

「最安値」にこだわらない。○○○円安くするのに自分がどれくらい貴重な時間を割いて良いのかを時間を使う前にちゃんと考える。時間に加えて交通費などを費やす場合は、その費用もあわせて考える。

・いま必要なものだけを買う。まとめ買いして減ったお金の分、「他の何かのために使う機会(チャンス)が減った」ことになるので、まとめて買う場合は機会を損失してしまわないか考える。

・お店まで行って、買わずにネットで買った場合、お店まで行った時間と費用、そしてその商品をすぐ使う機会を失っている。すぐ使えることのメリットと、待つことでお金が浮くメリットをてんびんにかけて考える。服や靴のサイズ、使用感など、商品の確認が必要なものは、お店に行く価値がしっかりあると考えて良い。(ネットで買って返品してたらもっと時間のロスなので)

航空券は当然安く買えるに越したことはないが、到着後の旅が快適に過ごせるよう、多少お金をかける価値観もあり。(交通費を抑えて、現地でゼイタクするという価値観も当然あり)。航空券に限らず、どこを重視すると自分にとって満足度が高い買い物になるのか考えてみる。

「時は金なり」って言いますよね。月給、日給、時給、どんな仕事だって私たちはお金を得るために限られた貴重な時間を切り売りしているんです。(投資はお金に働いてもらって自分の時間は使わないので、素敵なことです。話がそれてすみません笑)

充実した時間を有意義に使いたいのは皆さん一緒なはず。自分の価値観と満足度、見えないコストも考えてトータルで「節約」になるような買い物をしたいものです。

以上です。少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。